2013年12月17日

紙の橋

昔、ばあちゃんに「紙を無駄遣いすると、三途の川を紙の橋で渡らされるよ!」(=紙の橋は破れるので、地獄に落とされるよ)と怒られたモノです。
 
でもね…、こんなのを発見。

日本人建築家、アヴィニョン近郊に「紙の橋」架ける

紙で出来た橋がホントの川に架かってて、大人が渡ってますよ(爆)
この「紙の橋」なら、三途の川でも渡れてしまいそうですね。
 

閻魔様:「紙で橋をこしらえて渡り切れれば天国へ行かせてやろう」

一休さん:ポクポクポク…チーン!「分かりました!(トコトコ…)」

閻魔様:「さ〜すが一休殿、一本取られたわい!」


てな具合で、なんだか一休さんのトンチに出てきそうですね…って、紙を無駄遣いするな!


おしまい。
posted by saitahu at 20:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/82700728
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック