2012年05月18日

電動鼻吸引器の試作

姫達が風邪を引くと、トラップ付のチューブで鼻水を吸ってやるのですが、愛する姫君のものとはいえ、トラップがあるので鼻水が口まで上がってくることはないと分かっていても、やっぱり気持ちの良いものではないし、鼻水混じりの空気を吸い込むって事は空気感染を助長しているように感じなくもない。

 

そこで、熱帯魚用グッズの中に埋もれていた小型のエアポンプを改造して電動式にしてやろうと試みました。

まず、エアポンプのカバーを外したところ。
ゴム製のダイヤフラムと接しているプラスチック製のパーツの、写真向かって上側は流量調節用のニードルバルブが付いていた管、下側が吐出口です。
 
 
このプラスチックパーツを取り出してみると、側面に吸気用の小さな穴がたくさん開いています。これをセロテープで塞ぎます。

 
 
あとは、パーツを元に戻すだけ。
ニードルバルブを外して、そこに吸引ホースを接続すれば完成です。



さっそく、自分の鼻にあてがってみましたが、残念ながら吸引力が弱くて使い物になりませんでした。
 
やっぱり、ポンプの出力が弱すぎたのか、ニードルバルブの口にホースを繋いだのが良くなかったのか…。
やっぱり、鼻水吸いは親の愛情で直接口でやれってことか?
posted by saitahu at 22:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | DIY
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/72988161
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック