2015年08月11日

DVの末に…

大きなオスが小さなメスを執拗に追い回していたドイツラムの夫婦ですが、遂にメスが昇天してしまいました。

オスは、投入翌日から顆粒からコリ用のタブレット(そして、ミナミヌマエビ)まで、何でもパクついてましたが、メスは顆粒を口に含んでも吐き出すことが多く、ストレスと絶食による衰弱死と思われます、

隠れ家的なものを工夫したりもしたんですがね。残念です。
posted by saitahu at 08:23 | Comment(2) | TrackBack(0) | 熱帯魚
この記事へのコメント
ラムの口は顆粒を食べずらいですよね。うちのラムも食べてももてあまして吐き出すことがほとんどです。お勧めはグロウなどのほろほろ崩れるタイプですよ!穀類や小麦粉などのつなぎが入っていないので消化に良くてデリケートな腸を持つ種類にはお勧めです。
Posted by at 2016年03月02日 08:07
アドバイスありがとうございます!
お勧め頂いた餌をネットで調べてみましたら、どじょう養殖研究所さんの餌ですよね。
今回の場合、餌の種類というよりオス(通称:おとうさん)のDVによる拒食症って感じです。
DVなオスは、ラスボラ・エスペイを追い散らして顆粒餌をひとしきり食べた後、さらに『コリドラスの主食』(テトラのコリ用タブレット餌)を突っついてますし、ミナミヌマエビもかなりの数をハンティングしてるはず…。

後妻さんを迎えるかどうかを考えてる所なんですが、またDVしちゃうと可哀想だしなぁ…。
Posted by sahitahu at 2016年03月03日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/161081122
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック