2014年11月15日

自作『油膜取り』Ver.6

性懲りもなく、油膜取りです。(^^;)
実はVer4.1にしてから油膜は綺麗さっぱりなくなって水槽内は良いんですが、フィルタに吸い込まれるミナミヌマエビが急増してエビホイホイ状態なので、これを改善しようと思い立ったわけです。

全体像はこんな具合。φ22mmのポリカパイプを使い切ってしまったので、以前のヴァージョンの水面スリットをカットして再加工しました。
20141115_1.jpg

油膜取り部分はこんな具合で、φ40mmのアクリルパイプに同寸の2mm厚アクリル円板を接着して、底にφ22mmの穴を開けています。φ22mmのポリカパイプの方はφ6mmの穴を3カ所に開けて吸水口としています。
20141115_2.jpg 20141115_3.jpg

この吸水口の穴に粗目スポンジフィルタをはめてやれば、エビの侵入を防げるはず…と思ったのですが…。
20141115_4.jpg

結果は惨敗。
以前のヴァージョンのポリカパイプを転用したため、底側の吸水穴が多すぎて水面側で十分な水位差を稼ぐことが出来ませんでした。もっと底側の穴数を減らしてパイプ内の落差を大きくしてやらないとだめですね。

ポリカパイプは高いので、当面はVer.4.1で現状維持です。アイデアは良いと思ったんだけどなぁ、残念…。
posted by saitahu at 09:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 熱帯魚
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/105664373
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック